遺伝情報

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)を含んでいる血液や精液の他、母乳、腟分泌液等のあらゆる体液が、交渉相手等の粘膜部分や傷口に接触すれば、HIV感染の可能性が高くなります。
グラスファイバーでできたギプスは、大変強靭で軽くて着け心地が良い上に持ちが良く、濡らしてしまっても大丈夫というメリットがあるため、現在採用されるギプスの定番製品と言われています。
亜鉛は、遺伝情報やタンパク質の合成に関係している酵素や、細胞・組織の活動に関わる酵素など、200種類以上存在する酵素を構築する成分として絶対に欠かせないミネラルの一つなのです。
杉花粉が飛ぶ1月〜4月の間に、まだ小さなお子さんが体温は平熱なのにクシャミを連発したり鼻水が止まないような具合なら、もしかしたら『スギ花粉症』かもしれないのです。
「体脂肪率(percent of body fat )」とは、体内における脂肪が占めている比率であり、「体脂肪率(body fat percentage、%)=体脂肪量(キロ)÷体重(weight、キログラム )×100」という計算式で求めることができます。
アミノ酸の一つであるグルタチオン(Glutathione-SH)は、細胞の機能を鈍くしたり変異を誘引する悪影響を及ぼす物質を体の内側で解毒し、肝臓の動きを促す特性が認められているのです。
植物に存在する化学物質、フィトケミカルの一種のスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる物質が、肝臓が分泌している解毒酵素の効率的な生産活動を促しているのではないかという事実がわかりました。
常時肘をついた横向きの状態でテレビを見つめていたり、デスクの上で頬杖をついたり、ヒールの高い靴を履くという習慣的なことは体の上下左右の均衡を悪くしてしまう元凶になります。
塩分や脂肪の大量摂取を控えた上で手ごろな運動を心がけ、ストレスの多すぎない毎日を意識することが狭心症を起こす動脈硬化を予め防止する方法です。
World Health Organizationは、身体に害を与えるUV-A波の無理な浴び過ぎは肌に健康障害をもたらす可能性が高いとして、19歳未満の男女が肌を黒くする日焼けサロンを使う行為の禁止を強く先進国に勧告中です。
ハーバード・メディカルスクール(HMS)の調べによると、通常のコーヒーと比較して1日2杯よりも多くカフェインの取り除かれたコーヒーを代用すれば、あの直腸がんの罹患リスクを0.52減少させたという。
紫外線を浴びると生成されるビタミンDは、カルシウムが吸収されるのをサポートする機能で有名であり、血中のCa濃度をコントロールし、筋肉の動作を適切に操ったり、骨を生成したりしてくれます
季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、これまでの膨大な研究の成果により、注射の予防効果が見込まれるのは、接種のおよそ2週後から約5カ月程だろうと言われているようです。
食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(staphylococcus、スタフィロコッカス)はパープルに染色されるグラム陽性球菌であり、毒素の強烈な黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と一方は毒力があまり無いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種が存在するのです。
花粉症というものは、森のスギや檜、松などの木や草の花粉が原因となり、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・ノドの痛み・鼻みずなどの辛くてゆううつなアレルギー症状を示す病気として知られています。